存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神社巡り1】赤城神社とその周辺

<<   作成日時 : 2009/06/04 01:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

群馬の赤城山の山頂の赤城神社に行く


私が、赤城山山頂のハイキングコースを歩きたい
と、日頃言っていたので
つれあいが連れて行ってくれた。
…と、いうか。
前日にケンカした償いだったらしい。


いきさつはさておき


ふらふらと赤城神社なんだが
これがまた
どうやら「水」に呼ばれたらしい

荒川ウォークといい
秩父といい
水のみなもとの方へ方へと
いつのまにか辿り着いている


画像



画像


赤城山はカルデラ湖

つまり赤城山は火山…

火と水に浄化された神聖な場所に
赤城山をご神体として赤城神社がある。

そして、その中心は


  赤城山の「水」


それこそがご神体だった。

そしていつのまにか辿り着く
御神水の湧き水



画像


湧水のこの場所は神聖な場所として守られて来たということが書いてある。



「赤城神社

本来、神住む山として、また山自体も信仰されて参りました。
大沼、小沼の淵も、赤城山と共に、赤城神社のご神体として
信仰される水は、関東平野に流れ生命を護り育んで来たのです。
この湧水は「御神水」と呼ばれ、一掬千金に値する水として
幕府に献上されておりました。江戸時代、幕府はこの水を守る為、
赤城山は、厠等の不浄物の建設を一切認めず、御神水を保護したのです。
(卯月八日)の山開き、例大祭には、この水を持ち帰り、各村の田の
豊穣祈願されております」(要約)

画像



が…
しかし…


この場所のそばには生活排水が流れ込んでいて
すでに、神聖な水がけがされている状況。
そして、神威は失われ、神威が失われた『場』は
力を失っていく。


土地のエネルギーが無くなった場所には
人が来なくなる。
そうしてさらに廃れて行く。


。。。という悪循環がここにも。。。




そんなことを感じながら
傍にあったおやしろ跡にお参り。

…多分、神社が移築されるかなにかして
すでに打ち捨てられた風情の
壊れかけたやしろだった。


水、と思ったとたんに
また
こころにこみあげてきた…

たまらなく悲しい



.
.
.
.






このカルデラ湖の近くには
湧水として有名なスポットが。

 ・御神水

 ・美人の水

 ・智慧の水

とあるようだ。


そして、赤城の「あか」は
  
   『閼伽』(アカ)

サンスクリット語のアルガargha
神仏に捧げる貴重な水の意
日本語では「功徳水」という
そして、
アクアの語源ともなった
「 水 」
の「アカ」からきている
という説が。
「へーーーーっっ」
他にも「アカ」で思いつくのは
あかるい?あかり?茜…垢、証、アカーーン!!!





その貴重なる水を汲んでから
山を下り始めると



そこに待っていたのは濃霧の幻想的な風景 …



まさしく異次元境

触れられそうな
ねっとりと
冷たい空気を体感しつつ

画像
画像
画像




んで。
脈絡ありげに
この月末に
神楽坂の赤城神社で
知り合いが演劇パフォーマンスをする。
(その知り合いは気功整体師で
 コトタマの話等で盛り上がる相手)
もちろん行く。
観客と100人組み手だそうで
わたしも組み手に加わるかもしれない
(加わってくれと言われている)




   …赤城神社だー……

なーんて思いつつ
(ナゼカ→感慨深)。。。



 閼伽水 気 神社

 アカギジンジャ

山頂で汲んで来た「閼伽水」

神楽坂の赤城神社に
お供えしてこようか。。。。
パフォーマンスに
使おうか。。。。
豊穣を願う御神水ならば
これから始まる新たなるものがたりに
お清めとして使うのもよかろう。。。




またもやこのようにして水を考えるのであった。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神社巡り1】赤城神社とその周辺 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる