存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【山歩き】黒山三滝〜滝開き〜

<<   作成日時 : 2014/07/14 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

7月第一日曜  >2014/07/06(日)

越生の黒山三滝の滝開きに行ってまいりました

越生の役行者さんに会った時「滝開き、こないとなー」とか思っとりましたが。
すっかしわすれてて。
友だちのコメントに、我に帰りました!行かないと!

私の住む川越からはそれほど遠くありません。でも、遠いけどね。

バスの中で同行二人。
道づれができました。
毎年、黒山三滝の滝開きにいらっしゃってるというご夫人。黒山に惚れ込んでいるそうです。まあ!すばらしいわ!そういうマニーな方々に密かに楽しまれる武蔵国秩父地方の魅力♡って、あるのよねー
そうそう、みたいな。
そして、越生は、秩父とはまた違った魅力があって、私も大好き。

とくに役行者像は、びしばし来ます!(何が)

いやそれで、行列の始まる熊野神社にとうちゃこ☆
画像
かわいい中学生の巫女さんたちです
初々しいのう

画像

画像
画像
天狗様登場

画像
画面に入って来たお坊さん

画像
画像
画像
ひもろぎが後ろにおります
ひもろぎ持ちの人が「重い」と言っています

画像
こっちは本格修験の人だな


画像
「アーク」です
この中にはモーゼの石盤が入っています!
(ウソです)
…『唐櫃』というものです…


画像



画像

画像
神妙な神域



そう言えば…今日は朝から目の前にカラス。
熊野は八咫烏の地ですもんね。熊野つながりでカラスのご挨拶だったのかも。
黒山三滝は熊野修験の流れ。だから役行者。
どういういきさつでこの地なのかは、例のごとくまったく不明。特に調べてないけどさ。熊野のトーテムはカラスなんだろうな。神武か?それとも、もともとの土地霊か?わかりませぬな。

画像
画像
画像
ばんどわごん先頭



画像



写真から解るかな?
ここは、結界がしっかり張ってある。この境界はすごく強力。毎回、ここをくぐるたび、何か変わる感じ。。。。今回は、結界に入ったとたん、カメラが動かなくなっちゃったよ…しかたなく、携帯のカメラで撮る。こっちは動くのに!
画像

画像


この後、めだき(女滝)で儀式。写真は後ほど→許容量こえてアップロードできない

※日が変わり、アップ完了です※
画像

画像

画像

画像
ようわからん写真ですが
巫女さんが女滝にお神酒を
運んでいるところ

他のブログを見たら、例年の巫女さんはもっと大人数。4〜5人は居るみたいのに、今年は3人。……町長さんが…こゆのには(滝開き)乗り気でないみたいよ…というヒソヒソ話が耳に入って来る。まーね、何をやるにしても、行政がね、いろいろあるよね。

てなわけで、3人は寂しいけど、その数字『三』はとても意味深。。。そいで、儀式の途中、やっぱり倒れる巫女ちゃんひとり。。。。例年のブログでも「倒れた巫女さん」の話が。まーね、お年頃の女の子は受け易いよーそりゃー



そいで、次は、おだき(男滝)に、新米修験が三人、おそるおそる入る。水のすみっこでちぢまって当たってました。まるで生け贄「お前やれ」って云われてやってる感じ。。。。なにそれ。
画像

画像

画像
こっちは男滝

画像

画像
地層っ!笑


滝は。やっぱ、地層のめくれが気になり。ここも古い地層なんだなー…それがとても重要。古い記憶に繋がる為に。

画像

画像





これは、手前の「天狗滝」に
入る行者さんたち

遠景
(全然わからん)画像

滝開きの儀とはべつに、この行者さんたちはマイペースで『自分たちの行』をまっとうされようとしてました。確かに、修行とはべっこなもんですね、滝開きは。この行者さんたちは、滝開きイベントとは違う祈りをしたのではと思いました。どんな祈りだったのだろうなあ〜


そしてひととおり終わったらしいので、くだんのご夫人と一緒にお昼して(『根っこ食堂』で!!!!)帰って来る。なにやら、熊野にご縁のありそうなご夫人でした。西表の話も。…西表か。そらーすげーや。なんか呼ばれる様にしてここに来てる感じでした。いろいろあるねーすごいねー




ミッション終了でした

(滝の写真は明日以降アップしますー)
※アップ終了しました〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
瀧は、時間の流ですよね。
時を溯っての浄化だなあ、と感じました。
(さかのぼる、ってサンズイのもあったのか。知らなかった)

ところで、
日記のほうに 長野との関係 なぞなぞじゃ とありましたけど、長野とどこの関係でしょうか? また、長野の何処?
古代諏訪が見えてくると、出雲も、関東の古代史も見えてくるです〜。出雲は姫川、関東は荒川利根川。
これも時を溯る流ですに〜〜
Gar
2014/07/15 16:19
Garさん
おひさです〜

滝は時間の流れですか。なるほどー。遡って浄化するのか。そうか。へー…(^o^〜

長野との関係とは、個人的関係です。この間、長野の皆神山関係の会合に参加して、そこで「ミソギ神社(新興宗教らしい)」の話題がでたんですが…実は6年くらい前、なんも知らないでふらっとお参りした事があった神社だったのです。で、そこの近くの大滝神社(磐座がすごいらしい)の湧水で水を汲んで帰って来たという…
長野は色々な面からの繋がりを感じます。長野出身の人と知り合ったり、長野に移住した知り合いがいたり、他にも色々。皆神山にも興味が湧いて来て、もしかしたら行くかもしれない。。。みたいな。
古代諏訪はわかんないけど、最近は島田先生のコトタマ学にはまっています。Garさんはご存知ないと思いますが、わたし的にはかなり深い所にぐいぐい入って来る知識です。
LEIKO
2014/07/15 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
【山歩き】黒山三滝〜滝開き〜 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる