存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【art】2008…バックトゥネイチャーの記録

<<   作成日時 : 2014/11/06 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋も深まる11月22日 朝7:14の電車に乗る 高崎に出て上越線で後閑駅着10:08
そこからバスで10分〜新幹線の上毛高原駅へ〜新幹線到着の待ち合わせで11:10まで構内で待つ…

人気の無い駅で行ったり来たり…軽めに設定した筈の荷物が重く、歩き回れず。
新幹線が着き、参加者が降りて来る。世田谷美術館の学芸員さんに
   「どもどもども」
今年もよろしく、と挨拶
そこから再びバスで川場村まで〜川場着は11半くらいだったか


抜けるような空に紅葉

今年も川場に戻って来た


画像浅間山(右手奥白い山)と榛名山塊(多分)


フィールドに出る

去年の作品散策
  今年は何を作ろうか…
  どこで作ろうか…
  うーんうーん…
悩んで午後が過ぎる
というわけで夜


恒例の『ナイトウォーク』

今年は月明かりが無いのでまっくろくろすけ〜全然足元が見えない〜「山側」と「谷側」くらいはなんとなーく わかるけども わだちの跡のでこぼこに足を取られて こけそうになったり…夜目の効いた若い頃が懐かしい。子供の頃は、同じ子供のなかでもずばぬけて夜目が効いたのが自慢だった。肉体の衰えの信じ込みはいかんともしがたく抜けがたく。である。「わたしは老いを超越した」とか成ってみたい(笑)



しかし


星空が美しく…


天の川も見えるではないか



白鳥座

カシオペア

北極星

オリオン

プレアデス


首を痛くしながら一生懸命空を眺めた…これでもか、くらいに空を仰いで



宿舎に戻り酒盛り、一日目が終わる

二日目。フィールドに出るもまだ何をやるか決まらず。。。
  どうしよう
  どうしよう
と、思いながら、倒木を見つけて、朽ちた立ち木に立てかける。また倒木を運んで立てかける。そしてまた倒木を運んではたてかける…また倒木を運んでは…

何も無い枯れ葉の広場に一日で鳥小屋が
というわけで出来たシロモノ…

画像

「シャーマン小屋」




杉の枝で飾り付け
中にホウと杉の葉を敷き詰つめる
目には見えない虹色の鳥の巣


画像
画像
画像
中から外を見ると


へのへのもへじさん
画像
森の瞑想所でござい♬

そして

風の声を聞く小屋
ちいちゃなちいちゃな夢の小屋







二日目夜も酒盛り

現代アートの話など聞く
  ふむふむふむ なるほどねー…
美術愛好家というのはアカデミズムとして愛好する人々と現代アートを嗜好する人々では まるで系統が違うのだとか…知性の満足を得る為のステータスとして芸術があるのか、感官の挑戦としてあるのか、精神の高みを味わう為にあるのか…

だからあれだけ美術館に人がなだれ込んでも、いっかな芸術という土壌の豊かにならないところなのか…… はてよく理解ができぬまま三日目に突入

朝は奇麗に晴れ上がっていたが 朝食後、作品に取りかかる時間には
ふんわりと雲が空を覆う…気温も下がって来る

もくもくと作品を仕上げ

午後はそれぞれの作品を見学



   他の作品


ミスター作の今年のツリーハウス
画像
画像






*)それぞれ作品
画像

画像
画像


椅子とテーブル
画像

画像


雨が降って来る
早々に切り上げ宿舎へ

例年ならバスの出発ぎりぎりまで
すったもんだして送り出されていたが
今年は余裕で歓談

「また来年」と挨拶して別れる

わたしは延泊の為さらに余裕で
再び酒盛り突入

ああだこおだと
今回の反省やらなんやらかんやら
うにゃららの話で盛り上がる

外は雨から雪へ

しんしんと冷える山奥の夜
雪で足止めか?と心配したけれど
朝にはすっきり晴れて
奇麗な秋空。。。。。。

フィールドが雪景色に
画像



三日前の逆ルートで
宿を10時出発

画像

     バス車窓
上毛高原駅へ
10:51のバスで後閑駅へ
画像


     後閑駅

後閑11:50高崎行き

駅の待合室で時間をつぶす
暇だった。。。。



旅の車窓などなど

画像


遠くに榛名山塊

画像




どうやら
魂を森に置き忘れたらしく(←毎年だけど)
帰宅しながらも
あの小屋の中で瞑想してるらしい


あー

山 あるきてー(こればっか…苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【art】2008…バックトゥネイチャーの記録 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる