存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【山歩き】伊豆ヶ岳〜古御嶽

<<   作成日時 : 2015/10/23 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月22日 木曜 晴

今回も、ちょろっっとだけ歩こう…と思って出掛けたのに…毎度のことながら、いつのまにかハードコース……もちっと計画的にならんか自分。。。。。と思いつつ、まだ、周りに迷惑は掛けてないから…ってことでお許しあれ!


というわけで正丸駅着11:18

笑うしかないくらい遅いけど、まあいいか!

車道を歩き分岐で山道へ。沢沿いを暫く歩く。
3日前の高麗峠歩きがゆるすぎて、消化不足だったので、もっと深い山に行きたくなり、伊豆ヶ岳を目指すことにした…。ゆるいのもいいけど、人里が近過ぎ。ゴルフコースの間の山道ってどうよ???




沢沿いの水辺でしばし座る
画像
ヤッパこの気分が味わえるのは
ひとりだからこそ

画像

画像



ひとりだから、いろいろな面でものすごく慎重。緊張感もある。人と一緒だと、お喋りもあるし、ある程度は相手に頼るしで、緊張感は半減。ひとりだと、怪我しない事が第一なので、とても気を使う。歩くことにも、足をひとつ動かすのにも意識的。


画像
尾根に出る!

開ける視界

植林の針葉樹林から抜けて
広葉樹の森に入ると
いきなり色が戻って来る
太陽の光と紅葉と空と緑!

画像
展望最高
標高はこの辺りで72〜30mでせうか?

画像
画像

このあたりからゴツゴツと岩場が始まる。のぼる、のぼる。ひたすら登る。この尾根を超えて名栗方面に行くと、埼玉県の施設、名栗げんきプラザがある。ルートとしては、名栗げんきブラザ方面、正丸峠/大蔵山コースから伊豆ヶ岳を目指すのと、私のように正丸峠は無視して、とにかく伊豆ヶ岳を目指すコースがあるようです。私が登った方は、とにかく高度をさっさと稼ぐコースで、登りのきついところがいくつか。そして、最難関の鎖場に辿り着きます!!!
えーっっっっ!みたいな。登るつもりか、自分、みたいな。


伊豆ヶ岳と言えば鎖場。

超ゆうめい。

ハイカーで賑わう名所らしい。

この日も携帯のカメラの調子が悪く、だましだましで撮り続け。肝心の鎖場の写真が無いので、ネットで拾って来ました。
画像

高さは100m。

最初、巻道を探しましたが見つからず。きっと鎖の途中にあるのかも???とか、妙な事を思い、登ってみる事に。なんとなく登らないよねー、の鎖場をなんとなく登るはめに。看板の表示がよくわからなかったという事もある。。。。さて、手袋をして、三点維持でイチニイサンと口に出しながら登る。途中下を見たら「ゲゲゲ」…高〜いっっっっ!!!
ちなみに、ハイカーで賑わうと言うから、他にも登っている人がいるのかなー………と思いきや、この日出会ったハイカーはおじさんひとり、山ガールひとり。
鎖場には誰も居ないし。

ひとりでおいで、と言われていると理解し、とにかく鎖を登り切る。そしたら、その後だよね。きっとここからは危ないよ、というところにさしかかる。崩落で通行出来ないらしい。左手に巻く事に。そしたら、コースを外れたらしく、柵の外側から頂上付近へ出た。まあいっか。
頂上のひろば、めええっっちゃきもちいい!!!

画像

すごくうれしい。

伊豆ヶ岳、ずっと登りたかったから。

それに、お天気!あかるい!紅葉きれい!誰もいない〜〜〜〜っっっっっっっ!さいこう!



くるくると舞って、思いっきりうれしいと叫んで、深呼吸

ひとりっていいなあ



かみさまありがとう〜

ひろーい頂上は、季節になると座る場所も無いとか…ほんとにそんなに込むのかしらね。信じられない。ひとりっきりって、奇跡だね。

画像
伊豆ヶ岳
851m
13:30

画像
画像

画像

さて、ご飯は古御嶽と決めていたので、古御嶽までまた歩きだす。山ガールとすれ違う。私とちがって、上から下まで山スタイル。ちょこっと時間がずれて、彼女も頂上を独り占めしたことでしょう。
画像
古御嶽!
830m
やっとご飯!
14:00

画像
画像



知ってる人は知っている、「皆神山の謎」のハリー山科によると、この伊豆ヶ岳と古御嶽(古御岳)は、陰陽の関係で、イワサカとイワクラ、男性性と女性性、などいろいろあるようで。縄文的祭祀の香りがします。

わたくしも紆余曲折いろいろスピに顔つっこんできたけど、最終的に、どうなんじゃい?みたいな思いを残しつつ、どうでもよくなってきた。世界はなるようになっている。それだけ。他に何も無い。




さて、これにてミッション終了。そそくさと降りる。先は長い。
画像
画像
画像
途中の磐!
意味ないけど磐!
磐だから!
立ち止まって磐の上に上り
ひとしきり遊ぶ
そんな暇が…
早く帰らないと…
明日仕事だし…
疲れたし…

という内的会話を無視しつつ
深呼吸してるとめちゃくちゃ体が軽くなる
おお!山効果!
軽いわ〜
ありがと〜
なんでもかんでも感謝よ〜♪

画像

画像
高畑山
695m
14:47

画像

天目指峠
475m
15:30

ここで
タイムアウト



結局最後は車道歩きになってしまう。山の中で暗くなるよりいいけど。

車道歩きは疲れるけど安全ね。

西吾野駅着16:50

飯能行き16:59に乗って、帰宅。


お疲れ!

わたし!




☆追記 10/27

伊豆とは、イズノメに通じる謎があるかもしれない…
言霊でいうイズノメの謎は、まだ理解してないけど。
出ずる、出る、出流、棐、と
色々な表記がある
これからのナニかに繋がっている


驚いた事に
パソコンの変換で「イズル」と打つと
「棐」と変換される。
しかし、漢和辞典を観ても
どこにも「棐」=「いずる」の読みはない。
どういうこっちゃ。
パソコンの漢字変換が間違ってるとしかいい様が無い。
そして、「棐」は、棐川、ヒカワ、氷川の元の名前とも言われる文字(と似てる…けど「斐川」がほんと)
で、棐は、カヤの樹でもあるとか。
カヤですか。
カヤなんですか。。。。。。

カヤご縁が巡っている。この謎は何???

カヤって、とても霊力の強い樹種なのかもしれない…と
思いました。

──樹によって、霊力の強弱があるようです。杉、檜、椹、梶…

お祓いに使う榊も霊力が強い。

そして、榊よりも本榊が強く、それより強いのが

「おがたま」という樹

おがたまは「招霊の樹」とも書く。真榊とも。(…本榊は知ってたけど、真榊とは…!)とても霊力が強いのだとか。浄化力も強いとか。神社の神木にする樹ですと。
比較的近くの神社にあるそうなので、行って見てこようと思ってます。


(未稿分終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【山歩き】伊豆ヶ岳〜古御嶽 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる