存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【メモ】クチナワ[蛇]とは…(文字について)

<<   作成日時 : 2016/09/23 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

山越先生の「言霊」の本は、理解しずらい。難しいというか…言霊学の知識が無いと(あってもだけど)何が書いてあるのかさっぱり頭に入って来ない。
それでも、一頁一頁、丁寧に解読していって、それなりに捕まえられたところを書き取ってみた。


【龍】
龍の表意文字を分解すると「音の交わり」と読める>言葉の使い方で戦にもなる恐ろしい角も出す〜(龍の角)

龍の古字は、音に交(→古字体の)と書く。つまり、言葉のこと…となる。

(中国〜六書の)結縄のまつりごととは、龍徳によって為される龍徳とは言葉の徳…その『龍徳』【徳】の漢字をばらばらにしてみると、人 十 四 心…言霊で、14とは「トヨ」母音父韻くみあわせて14となる、その14を『トヨ』豊〜という(豊かさとは言葉の豊かさから出て来る?)
(『豊』は面白い…トヨウケとは、十四受で、言葉を受け皿にして政する、↑の結縄のまつりごとと同じく─心[内宮]を先にして物[下宮]が働く、みたいな?ことかしらね…本からの確認とってないから解らないけどそんなことではなかったかな…)

そして、

【クチナワ】=蛇
結縄とは「クチナワ」(口縄)(蛇)縄とは陰陽を綯う>縄の形のように。タカミムスビカミムスビ陰陽)を縄の様に綯う。>(前日記の)『向かい天狗』はこれを表象してるのではないかと思う。
>クチナワとはこういう龍形の文字=神代文字のことを表している。

そして、このような「うねり」の形こそ、エネルギーの形で、それが龍や蛇と言うという自然現象や自然霊や生物として表されているのだと思う。
それは、形としては縄のようで、それを映した文字が神代文字。

日本の古代には文字は存在しなかったと言うのが通説だけども、神代文字の存在はエネルギーを映した形そのものがその証明となっている。あるからある、というか。tat satというか。etadvai tat「まさしくそれこそがこれである」とか。それ以外に説明のしようがないのが、真実。だから、あるからある。存在とはそういうもの。それに気づかなければ解らない。解りようがない。
説明もできない。説明しようがない。

画像
2004/沖縄で書いた墨絵
……




どっぷりスピだった過去の日記
http://oldspirit.7narabe.net/Page/2/#19

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
墨絵が素敵〜。
神代文字は、ミミズみたいにくねくねしていて、なんのことやら、さっぱりわからないんだけどお。確かに意味は、ないんだなあ、と思う。
あれで波動のように音を何かに震わせて発信していたんだろうね。

トヨ受けの意味も、深いね。
むずかしいけど、やっぱり言葉って大事だと思う。

ところで、話が変わるのだけど、イケメンなシバ神が濁流につかっている写真を発見したの。インドって面白いね。ブログにはってみたよ。やっぱりシバ神が気になるなあ。虎?獅子?の上にのってるのは、どういう意味なの?。獅子ならば、西洋では王様はライオンを象徴とするね。ライオン潰しだなあ、と思ってしまう。
なかじゅん
2016/09/23 22:04
神代文字の謎、もっと掘って掘って掘りまくりたい〜っっ妄想萌え〜っっわら

イケメンシヴァの写真、見たーっっ
浸かってる水が、ガンガーというのがまた何とも言えない…シヴァ神は沐浴が大好きな神様だから、きっとめちゃ喜んでると思う〜っ(っていう表情してるよね〜なんかさ。笑)シヴァ気になるよねー。なんかね、宇宙人関係だと思うんだよ、シヴァって。占星術的には、土星と関係のある神様だし、そいで土星と言えば、我々の人生にストレスを与える役割をしてる。あの、土星の輪は、締め付けるとか縛るとか束縛の意味があって、それとシヴァの役割と、スサノオと(おっと、口がすべった…爆)
シヴァの乗ってるの虎だったかな…あれ、ほら、虎のしましまぱんつ。が、敷物になってるバージョン。意味はなんだっけな〜。
シヴァ神は生き物の王様とも呼ばれていて、ヘビの首飾りなんかしてるのは、そういう意味があったりした。あと、シヴァ神はどんな悪者でも自分に帰依するものは受け入れるので、シヴァの周りにはオバケや盗賊や、そんなのがいっぱいいるそうだよ…
LEIKO
2016/09/24 20:15
シバ神いいよね!
なんか気になるというか、あの写真でますます、好きになっちゃった。
そう仕向けてるのだよ。笑、なんちって。
そうか、虎は丑艮の金神だわ。で、スサノオなのか。
武甲山もある意味、破壊だよね。

盗賊は修験や山伏の系譜だよね。で、やっぱりサンカ。サンカの結束というのが何なのかも知りたい。
こういう繋がりが、ほんとに面白いよね!
なかじゅん
2016/09/25 08:13
うは。そうか、丑寅の金神かっ。そーだね、そうだよう。笑。スサノオだもんね。武甲山が観音霊場の結願、というのも、シヴァ神が観音の前身である、という説から、ありえるかも…わはは。妄想きわまれり。

盗賊は修験、山伏、サンカの系譜か〜〜〜!おもしろーい。そうか〜なんか山の民が崇める神様の系譜があるんだね。サンカも謎だねー!
LEIKO
2016/09/25 09:10
二面性なのかな、シヴァ、観音、向かい天狗!タカミムスビ〜カミムスビ…
ひとつがふたつに…
LEIKO
2016/09/25 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
【メモ】クチナワ[蛇]とは…(文字について) 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる