存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【山歩き】嵐山渓谷

<<   作成日時 : 2017/02/06 21:39   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

東武線 武蔵嵐山駅下車
徒歩20分(くらい)で、嵐山渓谷に着く。観光地として(ほぼ)整備されていて、コースもしっかりしている。高低差は無くて、ゆるゆる散歩するのによい。ので、団塊世代の有閑お年寄りカップルが多いかも。優雅だねえ…


【嵐山渓谷の歴史】
http://www.ranzan-kanko.jp/index.html
嵐山渓谷はその地形的な特徴から、秩父の長瀞岩畳に例えて“新長瀞”と呼ばれていたこともあるようですが、昭和3年(1928)秋、日本で初めての林学博士・本多静六博士が当地を訪れ、渓谷の最下流部にある槻川橋より渓谷と周辺の紅葉や赤松林の美しい景観を眺め、京都の嵐山の風景によく似ているとのことで、“武蔵国の嵐山(むさしのくにのあらしやま)”と命名されたということです。それが大変評判になり、多数の観光客が訪れます。
このころ渓谷周辺には料理旅館の「松月楼」がオープンし、埼玉を代表する景勝地をひとめ見ようと、多くの人々が訪れるようになりました。東武東上線の菅谷駅も昭和10年(1935)には「武蔵嵐山駅」に改名され、駅から観光客の長い列ができたほどです。
そんななか、昭和14年(1939)6月に当地をひとりの女性歌人が訪れます。現代短歌の道を開いた代表歌人「与謝野晶子」です。彼女は娘の藤子さんと共に訪れ、渓谷の自然などをテーマに「比企の渓」29首を歌いあげました。
大変賑わった「武蔵嵐山」でしたが、戦後は松月楼も本格的に営業されず、経営者が変わって「一平荘」と改名され神楽坂の割烹の嵐山町支店として営業しましたが、ついに閉店してしまいます。しかし、時代と共に景勝地を訪れる人々はまた増えてきました。その一帯は、さいたま緑のトラスト基金と嵐山町で買収し、緑のトラスト保全第3号地として整備、管理をしています─
云々(後略)


【菅谷神社】
画像


祭神
大山咋命 
保食命 
菅原朝臣道真公命 
須佐之男命 
畠山重忠命

画像

由緒 
本社大山咋命は元日枝神社なり是は畠山重忠年十七才にして治承四年十月武蔵国長井の渡しの頼朝の御陣所に参し頼朝公に属して先鋒の将となり各地の戦争に大に軍功あって此の菅谷の地を賜り依て此に新城を築き居住となし武運長久の守護神として近江国日吉山に鎮座なす(現今滋賀県滋賀郡坂本村官幣大社日吉神社此の御分霊は日本国中即ち三府弐拾県の内に五百社之あり其の一社の内の御分社)日吉山王権現の御分霊を畠山重忠請願に依建久元年九月十九日に奉遷勧請す故に日吉山王大権現と称せしを明治四年神社取調の節村社に列せられ社号を日枝神社と改称す是より本社境内に須賀神社及秩父神社の二社ありしを以て左に列記す須佐之男命は須賀神社と称して創立不詳なれども本村成立と同時に勧請せしものと伝う


なんと〜畠山重忠命を祀ってる〜武蔵国をあるくと、もう、当たり前のように畠山重忠に出会う。。。
重忠は、大山咋命を信仰してたのかしら?

画像


そして、嵐山町で一番高い山197mというかわいらしい山
大平山
登り途中、山の神の祠
画像
画像

なんかすごく質素というか、原始的な祭祀の様式のような。家屋が無くなってしまったのだろうか?山の中ではよく見かける、登山道からは離れた意味深な場所。
画像

ピークには眺望がないけど、あずま屋のあるここが一番眺めがよい。
画像

この大平山は嵐山町の最高地点で、標高178、9mである。東は嵐山町を一望に収め、西は槻川の流れを中心に(中略〜っていうか読めない)戦国時間には、槻川の南小倉地区は小倉城があり─云々(解読できず)
画像
ピークの標識

画像


で、山を下って槻川沿いの小道を行くと、お日様ぽかぽかの日だまりにすすき。
画像

さらに行くと川に出る。
画像

画像
画像
画像

画像
画像
画像


河原まで出る。バーベキューの人々やら、河原遊びする人々やらで賑わっている。

そこから川を離れて駅に向かう途中に見かけた板碑。
阿弥陀仏だったかな〜なんか文字があった。写真が悪くてなんもわからん。
画像
画像
ミッション終了な空模様




武蔵嵐山は、都会からも手軽に行ける、そこそこ水も奇麗で景色もよい場所でした。おすすめです。



ランドネ 2012年 01月号 [雑誌]
エイ出版社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ランドネ 2012年 01月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
嵐山かあ。もうこのへん全然わからない世界だわあ。笑
北畠顕家は東北にも伝説があって、ヤマツミだと思う。
福島に霊山という山があって、北畠顕家が休息した処と伝わるのだけど、近くに狼を祀る山積見神社があるのね。あっちゃんと武甲山に登った時にあっちゃんが知人からもらったというお守りしていたあれ。その神社の奥の院が巨石の虎捕山というのだけど、狼の話があるから、関東平家がもたらしたもので源氏だと思う。
そこに北畠顕家もいて、しかも、彼は何をそんなに動いていたのかというと、護良親王をかくまっていた伝承が宮城南部に伝わっているの。  

護良親王も、怨霊のようにされてる説もあり、菅原道真と同じように祟り神にされてる感じがするのよね。。。
実は、護良親王は宮城のある場所にお墓があったけど、宮内庁が掘り起こして近畿地方の、どこか忘れたけど移動させたらしい。天皇のお墓が東北にあるのは、いけないということで。。。
東北は、天皇の一族が逃れて関東の武将たちが守ることをしていたような。
義経みたいだけど。
そんな正統な天皇の一族を守っていたのが北畠顕家で、とにかく高速で馬を走らせないと到着しないような行動をしていて、影部者がいたんじゃないかとも思う。
妄想だけど。
北畠顕家伝承があるところは、何かありそうだよね。
なかじゅん
2017/02/07 21:16
あ、間違えた。
畠山重忠だった。
なかじゅん
2017/02/07 21:17
あ、そうそう、
やまちゃんが、御岩神社に行ってみたって。岩は石英だったそうだよ。水晶うまってそうだね。
なかじゅん
2017/02/07 22:20
畠山重忠って何者〜ッッッ!?!わら。おもしろいねー。あっちゃんのお守りのことと、山積見、覚えてるよ。火事になっちゃったとこだよね。虎捕山の巨石の場所は禁足地だっけ?気になる。オオカミとの繋がりに、秩父に…畠山重忠。東北でも動いていたんだね。それも、親王をかくまっていたとな?東北と天皇家。
じゅんさん、『神々の乱心』って知ってる?松本清張の。絶筆らしいけど、天皇家の、裏の方のことが暴かれているとも見える。天皇家の正統は、昭和天皇の弟だっけ、秩父宮…という話(だっったかな?)お母さんの、大正天皇の奥さんがシャーマニックで、神託とか何か天啓を感じて秩父宮に…?などとも考えられそうな内容らしいけど。天皇家には裏の歴史がある〜怨霊化するような対立ってなんだろう。
秩父宮ってところもまた…
畠山重忠、要注目ッス。
菅谷神社で、重忠が菅原道真も祀ってるのはそのため?
重忠と山積見神の関係って???東北の関係って?
関東武士が、正統の天皇家を守ってたって、すごいね。
おもしろすぎる。
--------
やまちゃん、御岩神社行ったの?わあーいいな。
私も春になったら行きたいーっっ
LEIKO
2017/02/08 10:36
違うのー、みよさん、間違えたのー。勘違い。ごめんー。
畠山重忠なのに北畠顕家の話をしてました。泣。でも、どちらも武蔵だし。畠だし。謎の二人なのは確か!
畠山重忠は、北畠顕家に追い出されて九州にのがれたの。たぶん、故郷に帰ったんだと思う。畠山家は九州の日置部じゃなかった?。
ヒオキベという太陽神は、比企郡のヒキも同じ意味だそう。
曳もヒキなんだよね。

天皇の裏話、面白そう!
その本、読んでみたい。書店にあるかな?
なかじゅん
2017/02/08 15:48
あら。笑。そうなのね〜その間違いも受け取ってみるわ〜。なんか出て来るかもーみたいな。わら。
北畠顕家、死角でした。注目してみます〜
とにかく『謎』なのね!うふふ〜♪

「神々の乱心」は、なにか閃くものを持って来るかもしれない〜場所は、舞台は架空の土地なんだけど、秩父だと思う。大正天皇のお妃の話もなんか意味深。226事件も関わってて、秩父宮が天皇家を継いだら歴史が覆っていたかも的。
松本清張は、緻密に事実を調べ上げて小説のネタにする人だから、かなり突っ込んで天皇家にかかわることとか調べたらしいよ。んで、絶筆だから、結末をどのようにするつもりだったかは謎。
謎つづき。わら。
LEIKO
2017/02/08 20:09
神々の乱心のあらすじをネットでみたら、比企郡がでてこない?
畠山重忠がいたところ。
比企の由来は九州の日置部からで、日置盤というのを使った太陽信仰なんだよね。
易の世界〜。

https://otonano-kodaishi.blogspot.jp/2015/08/blog-post_24.html?m=1

神々の乱心は、面白そう。
これは秩父宮の話だよね。
妄想〜。
なかじゅん
2017/02/09 17:20
そうか、比企って畠山重忠にゆかりがあるんだ…日置っていうの?九州はウガヤ朝だからね〜古いものといっぱい繋がりがありそう。太陽信仰も、掘り出したらあっちこっちに繋がりまくるだろーね。神武を先導した烏も、烏って結局太陽黒点の象徴だから、太陽信仰。
で。ページ開けないよぉ…(((;_;
このページに太陽信仰の事が書いてあるの?

譲良親王のエピソードって、南北朝なんだね。
日本の負っているカルマ。天皇家も太陽信仰なんかな?

全然関係ないけど、明治天皇はご落胤がいっぱいいるんだって。


LEIKO
2017/02/09 21:05
サイトは、太陽盤で検索すると出てくるので、チェックしてみて。
天皇の裏は、いろいろあるんだよね。。
なかじゅん
2017/02/10 08:05
キャッシュしか残ってなかったー>サイト
閉じちゃったのかな?どうしたんだろう。
天皇家ってなんだろね。語られない裏はぐちゃぐちゃらしいし。
LEIKO
2017/02/11 07:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【山歩き】嵐山渓谷 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる