存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 山小屋の思い出

<<   作成日時 : 2017/04/16 13:07  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【BACK TO NATURE・バックトゥネイチャー】

【あきるの市編】
1997年『山小屋のともしび』

97年のバックトゥネイチャーは、東京都あきるの市(都心の近くにこんな自然豊かな場所があると、この時初めて知りました…)での開催。
(そういえば、最近またあきる野へのご縁ができたんだったわ>阿伎留神社。そういう流れがありつつの、過去を思い出し。武蔵とのご縁は深いな、わたし!)

画像


沢を利用した、自然の『ししおどし』

さり気なくひと枝が花器に…(?)。難しそうな沢の水流をよくぞここまで利用しました!

ハイキングしてる人が突然、茶室で聞く「カッコーン」という音を聞く、この野趣溢れる風流な事!
面白みがあって不思議にわくわくするような「驚き」の演出がすごく楽しい。

「日々是好日」…

茶道の世界では、よく「見立てる」ことがある。
これも自然を「見立て」に使った茶の湯的空間。
ホレ、そこのハイキングのお兄さん、
野点などをさしあげましょう
寄っていってちょうだい。

みたいな。

********************

この年の、バックトゥネイチャーはハイキングコースの道端に作品を作っている人が多く、その道を通る人の目を楽しませていたに違いないと思われ。。。。そんなことを想像しながら作品を作ってる参加者もいたんじゃないかなア〜☆うふふ☆

なによりそれが楽しいもんね。
見も知らずの人と、作品を通しておしゃべりする。
          これが遊びの心..........創造の喜び........!!
ハイキングコースに突然現われるベンチや、ハンモック、オブジェは「驚き」があって楽しい(タウマゼインじゃな!)
画像


画像




東京で唯一の山小屋と言われた「養沢山荘」
そこを宿舎にしたので、自給自足。食材はすべて下から運ばねばならないという過酷な条件で、40名の食べ物を3日に渡り作った私の友達には、頭が下がる。やはり、カレーは必須。そして釜揚げうどん。とにかく大人数を効率よく食べさせるメニューということで。
大変だったのは、荷揚げ。米に野菜に鍋に....でしょ。
みんな大変でした。

でも、楽しかった。
この時の養沢山荘は、40名を超える人数でぎゅうぎゅうぎゅう。
小屋の中のスペースが足りなくて、秋の冷える外で寝た人も数名。あと、隣にあった洞窟で寝た人数名。みんな酔っ払ってるし。それぞれの持ち分で満足し、笑いと譲り合いで、山小屋の火は暖かかった。
私は屋内の二階に泊めさせていただき。感謝。


この時の思い出は、バックトゥネイチャーで語り継がれてる、てんやわんやの3日間。

そうそう、山の中にトイレを作った人もいたな。
簡易トイレ。というか、穴掘って、杉の葉を敷いて、簡単に柵で囲っただけの。なんでも、トイレの近い人なんだそうだ。どこに旅行をしても、真っ先にトイレの場所だけは、しっかり確認するという人でした(海外でも)。トイレはなかなかな出来でしたよ。

この頃はマウンテンバイクで登山道を走る人もいて、何回か出くわしました。
昨今のブームは、ランニングだよね。走って面白いのかなあ〜?
山に行く人の種類もどんどん変化してるね。




ちゃんちゃん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山小屋の思い出 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる