存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【山歩き】磐座巡り:甲斐大和〜塩山〜あきる野

<<   作成日時 : 2017/10/12 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月の26日に滝行をした

そのとき、磐座好きが話題になって、それじゃあいいところに案内してあげる…と、紹介されるままに、山梨の「棲雲寺」という場所に連れて行ってもらった。
すごい!岩だらけ〜ッッッ悦
画像

画像
画像
画像
画像
画像


めっちゃ堪能して、最後は勝沼ぶどう郷の「天空の湯」という温泉に入って、いやもう遊び倒した1日。中央線の駅まで送ってもらって、たいそうお世話になったのは、私の墨絵の師匠。
私が墨絵と出会った経緯は、ホームページのどっかに書いたけど、15年くらい前の話で、その頃はパワスポと言われるような場所に出かけては『その場描き』(その場踊りってのがあったよね、そのもじり〜)〜その場のエネルギーを感じて墨絵を描くとゆーような、けったいなことをよくやっていた。
その師匠と再会して、そんなこんなな旅の道中となり。

「天空の湯」はめっちゃ眺めの良い露天で、また来たい気持ち満々。

そして、2ヶ月経った先日。

今度は全然別の友人から「満月の日に山に行こう!」
と誘われ、同じく山梨の大菩薩嶺に登ることになった。



これがまた、上記の岩波を思い出すような岩岩ランドで。
苔むした岩の様子に大興奮せらる。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


心騒いだ旅立った。
そしてまさかの「天空の湯」再訪。えええ?まじ?
なんでこんなに山梨ツイテるの???
よくわからないけど、天空の湯には、また行きたかったからいいや!

そして、帰宅して色々調べているうちに、この棲雲寺と大菩薩の岩岩、なんか妙に近い。

滅多に行くことのない山梨に、この3ヶ月で二度も訪れるとは。
そして、去年もそういえば、山梨の昇仙峡に行ってた。


この辺は、秩父多摩甲斐国立公園で、県を跨いだ岩塊なんだわね。
県というのを取っ払った目で見てみれば、それはひとつの山のかたまり。

そういえば、秩父の札所の4番だったかどこだったかの岩は、八ヶ岳の噴火と関係してたはず。

現代の「県」という線引きで、頭ができてる私にとって、その山のカタマリはちょっと衝撃。
秩父も山梨も奥多摩も同じ岩だ!

ちゅうか。地球って一つの岩の塊なんだよねー
(いきなり飛躍)

そういう地球と、その中の小さな場所に、妙に呼ばれている自分を自覚。


山梨、そしてその先に長野。
諏訪。

縄文のレイラインが見えてくる。
そうだ、去年は長野にも行った。

これも秩父からの流れなのかもしれない。。。色々巡る思い。
さて次はどこに行くのかなぁ?

どこに、という舌の根も乾かぬうちに、あきる野市の金比羅山頂上近くの磐座詣でしちゃいました。


これ
画像


画像
画像


スケールがわかるように自撮りしてます。
お見苦しくてごめんなさい。

この日は10月なのに、真夏日のようで、アセアセになりつつ、暑い時にはもう絶対登山はしないと誓いながら登りました。いやはや。

磐座巡りは続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【山歩き】磐座巡り:甲斐大和〜塩山〜あきる野 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる