存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 【神社巡り12】飯能

<<   作成日時 : 2016/12/28 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

大六天神社
 2016/11/06

祭神

面足命(オモダル)
惶根命(アヤカシコネ)

言霊学では、父韻ヒ:ニが、オモダルとアヤカシコネ
そして、ここも向かい天狗を祀る

天狗ってなんなんだ…
「ヒ」が主体側 エ から
「ニ」が客体側 ヱ へ
ムスビ、結果となる?のか?な?


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

畠山重忠のお墓と伝わる板碑
武蔵らしい…

----------------------------------------------------
秋葉神社
 2016/12/09
画像


画像

画像



祭神

迦具土(カグツチ)
秋葉三尺坊大権現─天狗でもある
 …この三尺坊の真言が面白い
 「オン ヒラヒラ ケン ヒラケンノウ ソワカ」
 言霊を学んでいると、このヒラがなんであるか
 想像できすぎる
 サンスクリット語まで遡ると何か
 観えて来るかも〜(妄想)
  

創建は不明

秋葉権現は火伏せの神として信仰されている(市神でもあった可能性がある)
『武蔵国郡村誌』の久下分村の項に「平社々地東西九間四分南北十一間面積百三坪四合村の西方にあり火産霊命金山彦命を合祭す祭日九月十八日」1952年(昭和27年)に現在地へ移転。


絵馬
赤色の天狗、青色の烏天狗が描かれた向かい天狗の絵馬がある。火防けの願かけとしてあげたもの。
---------
隣に三座宮稲荷があり、共に天狗絡みである。
三座 稲荷神:次郎坊 太郎坊>天狗(火伏せにも絡む)稲荷もそろって、天狗三兄弟。うそ。で…稲荷は、トヨウケ、つまり精神であるアマテラスの意を受け、顕現させる「モノ」の神(スサノオ)とも取れる。ならば、向かい天狗とは……?


なんでこんなに天狗なんだー!
ちなみにカナヤマヒコは、鉱物の神でもあるそうだ。
鉱物か。やっぱ渡来やん!そいで、修験やん!山師=修験=渡来=鉱物=霊場(札所)
山を巡り、鉱物を探り、掘り、加工し、流通させ…は、修験だよね〜笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
名取にも第六天神社があって、六ヶ所にお社があるの。飯能もそうなのかな?六芒星みたいだよね。天狗が宇宙人にしか見えない。笑、飯能は天狗の聖地だよね〜。
金は昔から不老不死の薬みたいな考え方にしてるけど、金が万物の物質だから?
金の漢字も屋根に王様だよね。やたらと、ムー大陸に結びつけたくなる。。。
なかじゅん
2016/12/29 08:56
じゅんさん
おお!そうきたか!笑
先日頂いた石碑と、金が繋がってたのね。おお、やばいくらいすてきよ〜金は屋根に王か…あの石碑はなんなんだろうね。謂れとか、おしえてけろ。
それから、名取の第六天神社の祭神も知りたいよ〜
やっぱりオモダル?
それともタカミムスビ?

じゅんさんが振ってくれたシュタイナー、思い出して、オカルト生理学を検索したらめっちゃ面白かったよ!>『脾臓』が(暴走中)
脾臓ってとても霊的な器官らしいんだけど、これがもしかしたら、人間の霊的進化のヒントなのかも…とか、あらぬところに暴走中…どうしよう…笑

LEIKO
2016/12/29 21:09
コーフンして、日本語がおかしくなってしまった…
「先日頂いた石碑の写真」です。
その写真と、金の話題が繋がっていたのね、という事を説明したかった。。。。もう、壊れてますわたし。笑。
LEIKO
2016/12/29 21:11
脾臓てすごいの?面白いなあ。
何かの雛形になってふことない?
脳の松果体は、アーモンドの形に似てるから、ヘブライ語だったかアルマンドというのだけど、その意味が薬師如来だそう。
ちなみに、800年頃(たぶん)陸奥にきた人で、大野東人がいて東人をアズマンドと呼ぶの。で、その人は薬師さまを祀ることをしてたの。ユダヤ人だと思えるのよね。
なので、アズマンドは、アルマンドの薬師からきてると妄想してました。
脾臓も何かの形に似てるのか、それが雛形がありそうだね。

名取の第六天は、オモダル〜とカシコネ〜だったよ。
なかじゅん
2016/12/30 18:52
あ、間違えた。すんません。
アーモンドの和名は、ヘントウ(扁桃)又は、アメンドウだと。
なぜ、和名では偏桃体かというと、脳の偏桃体が、アーモンドの形をしているから。
フランス語が、アマンドのアーモンドてした。
なかじゅん
2016/12/30 18:57
おお!さんきうです。オモダル〜アヤカシコネだね。そうか…やっぱり。で、そこは天狗とか居ない???

脾臓の形はやっぱり豆っぽい。海に居るほ乳類の場合、すごく大きさが変化するんだって…酸素を蓄えていて、それを無呼吸の時に放出するんだそうだ。
潜水や溺れたりする時、至福の無呼吸状態が訪れるらしいけど、それが脾臓に関係してるんじゃないかと思う。サーファーの手記にあった…
脾臓、すごいかも。松果体はある程度知られているけど、脾臓ってのは無注目だった。

ヘントウも面白いね。遍路みたい(違うか)アメンドウもなんかエジプトの名前みたい。アメンラーとかトトアメンとか。『アメン』って、日本語っぽいね。アメ、天、わら。
石碑の写真はブログからだったのね。読んだよ〜星だね。茨城のオオミカ神社も気になる。アマツミカホシって、ミカエルに似てる〜わら
LEIKO
2016/12/30 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
【神社巡り12】飯能 存在驚愕〜THAUMAZEIN〜気づきの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる